レディースTシャツの着回し方

レディースTシャツの着回し方!白T、ロゴ入りから、ビッグTまで

 

レディースのTシャツは、着方や合わせるアイテムを更新するだけで、同じイメージにならずに週に何回も着ることができます。

 

出番の多い白TやロゴT、トレンドの赤色ビッグTシャツの着こなしを紹介します。

 

長め袖の白Tシャツ

 

着回ししやすい白Tシャツは、そでがアレンジしやすい5分丈で、全体のシルエットはゆるめ、首まわりもやや開きのあるデザインがコーデの幅を広げます。

 

黒のフレアスカートと合わせた、シンプルなモノトーンコーデは、揺れるアシンメトリーなスカートで、レディなハンサムスタイルがキマリます。

 

白Tシャツはウエストインでスタイルアップさせ、黒のキャスケットと黒ファーサンダルで統一感をだします。

 

ドレッシーに着たい日の白Tは、白のボリューミーなベアドレスにインして、好感度のあるドレスアップスタイル。袖は細めの幅でロールアップさせ、黒のプラットフォームサンダルで、カジュアルダウンがオシャレのポイントです。

 

古着っぽいロゴ入りTシャツ

 

レディースのロゴTシャツは、大ぶりよりは小さめのロゴで、ジャストサイズがおすすめ。古着っぽさのでる小さめのロゴ入りは、黒を選べばこなれ感もプラスされます。ゆるさをおさえたジャストサイズが、女っぽい着こなしを加速させます。

 

黒のロゴTシャツと光沢ブルーのハイウエストパンツ、白のジャケットでドレッシーなスタイルが完成。ブルーのベルトが付いたハイウエストパンツに、ロゴTをインで着こなして、白のジャケットは軽く肩がけにします。黒のサングラスと黒バッグで、海外セレブっぽくまとめます。

 

黒と紫の配色で、甘辛コーデにトライ。パープルのロング丈フレアスカートと、黒のロゴTシャツのワンツーコーデには、足もとを白スニーカーにして抜け感をプラスします。じわじわと人気上昇中のパープルをボトムに取り入れて、黒Tシャツを甘辛くコーディネート。

 

トレンドど真ん中・赤のビッグT

 

鮮やかな赤は、ルーズなシルエットでバランスをとり、ゆったり着れる大きめなサイズの赤Tシャツは、裾の表情を変えられるサイドリボン付きが、アレンジしやすいデザインです。

 

エッジィな着こなしには、ビッグTの左右の長さを変えて、アシンメトリーな裾にします。片側をデニムパンツにインして、もう片方はルーズに着流します。袖はロールアップにして、二の腕まわりを細く見せます。

 

マキシ丈の黒サテンキャミソールとのレイヤードで、モダンな着こなしの時には、ビッグTシャツの両サイドをしぼって、シルエットにメリハリをつけます。ワンピースの上からTシャツを重ねて、今っぽさのあるレイヤードスタイルにします。

 

レディースファッションでロングアウターを羽織る時には、Tシャツのフロント丈を短くアレンジして、スタイルアップさせます。赤のビッグTシャツに、白のテーパードパンツ、黒ストライプのコートを合わせたら、Tシャツの前裾だけをボトムインして脚長効果も狙います。