着回しコーデのコツ

着回しコーデのコツ!同じ服でもオシャレに見せる着こなし術

 

レディースファッションでも「いつも同じ服ばかり着てる」のは、オシャレじゃない人の代名詞になっていますが、実は、同じ服でも、ちょっと組み合わせを変えるだけで、オシャレに見えるようにすることも出来るんですよね。

 

ここでは、オシャレ上級者がやっている「同じ服を同じに見せない着こなし術」や「コーディネート」のテクニックをまとめました。

 

シャツは着崩し方を変える

着崩してシャツを着る

 

シンプルなシャツは、ちょっと変化を加えるだけで違う雰囲気に着こなせます。

 

きちんとしたイメージがあるシャツは、前裾だけボトムインにしたり、袖のロールアップ、えりを抜くなどのアレンジが有効です。


 

ワントーンコーデなら素材はバラバラでもOK

白のワントーンコーデ

 

ワントーンコーデをおしゃれに見せるには、色だけ同じに統一して、素材を変えた組み合わせにします。

 

シンプルコーデに奥行きがでて、存在感のあるスタイルになります。

 

ニットに麻素材を合わせたり、とろみ素材やシルクに、スラブ感のあるかぎ編みアイテムなど、意外な取り合わせがオシャレに見えます。


 

メガネで雰囲気を変える

メガネで雰囲気を変える

 

ロゴTシャツとデニムのようなワンツーコーデも、眼鏡をかけるだけで、ニュアンスのあるこなれた表情がつくれます。

 

細めの縁やレトロ感のあるクラシックタイプがおすすめ。


 

シースルーアイテムを取り入れる

シースルーワンピース

 

1枚では着られないレディースのシースルーアイテムは、シンプルスタイルにプラスすることで、コーデのアクセントになります。

 

スキニーデニムにロング丈のチュールスカートを重ねたり、ショーパンにレースチュールを巻いてみたり、小物感覚で取り入れてオシャレ度をアップさせます。


 

季節にはあまりこだわらない

 

季節を先取りするのは、おしゃれ上級者の鉄則。

 

シーズンレスでいろんな素材にチャレンジしてみると、新鮮なスタイルを発見できます。

 

いつものデニムに、ベロアやニット素材のトップスを合わせるだけで、こなれ感のあるコーディネートになります。ノースリーブやオフショルダーなど、適度な肌見せで軽さをだすのがポイントです。

 

逆のイメージで着こなしてみる

 

モノトーンはシック、デニムはカジュアルという、いつもの雰囲気を払拭して、新しい感覚で着こなすと、違った魅力を発見できます。

 

できるだけ逆のイメージを思い浮かべてコーデの幅を広げるようにします。

 

定番のデニムパンツに、リュクスな質感のベロア素材のキャミソールを合わせると、夏のカジュアルスタイルが、落ち着きのある上品コーデに変わります。

 

足もとは、黒とベージュのバイカラーパンプス、優しい色みのストールを肩がけにして、コンサバミックスに着こなします。

 

黒と白のモノトーンコーデも、脱力感のあるモノトーンなら、リゾートスタイルに早変わり。白のタンクトップに、黒のロングスカート、グレーのスエットを腰巻きにして、足もとを黒のビーサンで引き締めます。

 

使い回せる小物の選び方

 

コーディネートの完成度は、オシャレな小物が左右します。

 

スカーフなら、使い勝手のいい大判サイズで、季節に合った柄行きがおすすめ。

 

帽子は、どんな服にも合わせやすいベレー帽で、クラシックな雰囲気がこなれ見えします。

 

今年の足もとには、カジュアルにもフェミニンにも履ける、シルバーを選ぶと新鮮。個性を発揮するマットな光沢は、女性の脚をきれいに見せてくれます。

 

デニムパンツの着回し術

 

ワードローブの中心的存在のデニムは、カジュアルだけでなく、いろんな場面での着こなしが可能なアイテムです。

 

深いインディゴデニムなら、通勤服にも対応します。

 

スッキリとしたストレートデニムに、黒トップスをインして、ベージュのジャケットを羽織ると、デキる女っぽさを演出する、きちんと感のあるオフィスコーデに仕上がります。

 

カジュアル感の強いデニムに、レーシーなロングキャミソールを重ねると、一気にフェミニンな着こなしに変わります。

 

白Tに無骨なデニム、透け素材のロングキャミソールのレイヤードで、大人っぽいムードのフェミニンなデニムスタイルができます。

 

チェックパンツで男と女

 

ハンサムな女性に似合うチェックパンツは、メンズっぽくもレディにも、ジェンダーレスな着こなしができるアイテム。

 

チェックパンツの下に黒ブーツをはいて、黒キャップと黒のサングラス、黒のノースリトップスでコーディネートします。

 

黒で固めたレディースコーデは、ポーカーフェイスなカッコよさが、メンズ顔負けのクールなスタイリングです。

 

品のあるベロアと、チェックパンツの組み合わせは、女性らしさのある好印象なスタイル。

 

ブラウンのベロアキャミソールを、チェックパンツに前裾だけインしてアクセントをつけます。キャミで肌見せをすることで、洗練された女っぽさを演出します。

 

白Tシャツで昼と夜

 

何枚あっても困らない白Tシャツは、時間によって着分けるくらいのこだわりを持ちたいアイテム。

 

日中はタックインして、バランス良く見えることを重視します。

 

流行色ブラウンのショートパンツに、シンプルな白Tをインして、ジャケットを羽織ると、ビジネスシーンにも対応する、きちんと見えする服装になります。

 

夜は、リラックス感のあるコーデがおすすめ。

 

ワンピースの上から白Tを重ねた、新感覚のレイヤードスタイルは、ミニマルなゴールドピアスをつければ、おしゃれなダイニングバーにもくり出せるレディースファッションです。